チエロの楽しい日記

ご利用者様に、いきいきと暮らしていただきたい

ご利用者様の生活支援について考える内部研修を行いました。
本日の講師は作業療法士の西山が担当し「作業療法(リハビリテーション)をどのように日常生活に繋げてゆくか」を、高齢者と社会とのつながりや、チエロで過ごされる日常の中で何を必要とし、スタッフがどのような支援ができるか等を解説しました。
何気なく過ぎてゆくご利用者様の「日常」をどのようにスタッフが共有させていただくか。
大切なことを考えるためのよい勉強会になりました。
もちろん、そこはさすがチエロスタッフ。すぐに案があがっていました!日頃よりじわじわとアイディアをためていた様子です。
新たなレクリエーションがスタートしましたら、この「チエロ日記」でご報告致します。
お楽しみに!

集団レクの様子

スポンサーサイト

PageTop

美味しいお食事をありがとう。

本日のお食事のテーマは「京都おばんざい」。
もちろん施設長のリクエストに「料理長」が応えての献立です。
定番となったこのお食事会の中で、ひそかに交わされる会話が「本日の料理長は、だぁれ?」というもの。
日頃のお食事を担当していただいている北海道フジフードサービス㈱の皆様が工夫をこらしたお料理を作ってくださるのですが、このお食事会では配膳やお料理の説明など、普段とは違った形でご利用者様とお話する時間があり、それがこの会の楽しみのひとつとなっているようです。
普段、一生懸命お食事の用意をしてくれているスタッフへご利用者様が感謝の言葉を伝えている様子や、照れくさそうに「ありがとうございます」と応えている姿を見て、微笑ましく嬉しい気持ちになります。
回を重ねるごとに施設の中での役割が増え、これからがより一層楽しみです。




PageTop

桜が咲いたら…

ご利用者様から「桜の季節だねぇ」という声が聞かれたある日、「そうだ!桜を見に行こう!!」と、突然思い立ってお花見に出掛けました。
突然なのにお天気にも恵まれ、突然なのにどこの桜も見頃と、「ツキ」いっぱいのお花見に。
もちろんコースも突然の思いつきです。
室蘭の桜の名所を
母恋富士下桜⇒入江公園桜⇒崎守町一本桜⇒幌萌町桜
とまわり、最後はこれまた室蘭名物の急な坂を「キャー!」と子供のようにはしゃぎながら下るという「プチジェットコースター(?)体験」をして、チエロへ戻りました。
皆様の笑顔が桜と同じ位に満開の楽しい一日となりました。
また、お出かけしましょうね!





PageTop