チエロの楽しい日記

雨降りが続くので・・・・

晴れを祈願して 『てるてる坊主』 作りました♪


20170612_104101.jpg



最近はぐずついた天気ばかりで何となく・・・・スッキリしませんね。

そこで・・・・皆さんで青空・夏晴れを呼び込もうと・・・かわいい『てるてる坊主』を作りました。

20170613_084527.jpg



ほらほら・・・・デザインが可愛いでしょ?  一人 一人 表情や顔立ちが違ってきます(笑)


20170613_084432.jpg



たくさんの『てるちゃん』が並んだおかげで・・・・・本日は晴天なり・・・とあい、なりました。


PageTop

6月のチエロカフェ♪

朝採りたての『豊浦いちご』 と小豆パフェのパンケーキ

20170608_141417.jpg


ほらほら・・・・これが一人分なんですよ。 パフェパンケーキは職員のお手製です♪


20170608_141346-1.jpg


みなさん毎月楽しみにされていまして・・・回を重ねるごとに参加人数も増えてまいりました。

チエロカフェでは『拘りマスターの煎れ立て珈琲』を始めとするドリンクメニューも豊富でココア・紅茶はもちろん緑茶から甘酒までお代わり自由です。

20170608_143959-1.jpg


苺も大小さまざまで私も一粒頂きましたが・・・・さすが豊浦産ですね。 ジューシーな果汁が口いっぱいに拡がりました。

お腹一杯になった方は仲よくおすそ分けをしていました。

20170608_144458-1.jpg


お腹一杯になったあとはポスタープレートを持ってもらって・・・・記念撮影です。


くるりんお髭の王様もばっちりですね♪

20170608_144523-1.jpg



とても美味しくとても楽しい『チエロカフェ』でした。 来月も楽しみにしています。

PageTop

七夕飾り作りました。

笹の葉 さ~ら さら~♪


20170608_102542.jpg


レクの時間で『七夕飾り』を作りました。 みなさん短冊に願いを書き込み七夕を待ちます。


20170601_110052-1.jpg


なんか・・・・ジーンときちゃいますね。

どうか・・・・思いが・・・願いが叶いますように・・

PageTop

ランチ会(チエロの女子会♪)しーすーぱーりーしました。

久しぶりの女子会


ときめき「しーすーぱーりー」をしました。


20170607_122007.jpg




補助器具を使用されている方にはお寿司を一口大にしてスタッフが隣りに付きながら美味しく食べてもらいました。


20170607_122025.jpg


20170607_122044.jpg


目の前にあるビールの空き缶・・・・あの・・・いかにも私が全部グイグイ飲んだように見えますが・・・皆さんと楽しく『ノンアルコール』で乾杯した後の風景です(^_^;)  ノンアルでも味のクオリティーは格段に上がりましたね。

参加した皆様もとても満足してくれました。 いいですね 『女子会』 またやりましょうね♪

PageTop

北海道で生まれた『ふまねっと』

楽しい機能訓練 ふまねっと


20170530_143142.jpg



チエロでは毎週水曜日の午後に機能訓練の一環として『ふまねっと』を導入しています。

『ふまねっと』はNPO法人地域健康づくり支援会ワンツースリーが開発したプログラムです。

ふまねっとについてホームページで説明していますので、ここで紹介しますね。

ふまねっととは?
 ふまねっと運動とは、50センチ四方のマス目でできた大きな網を床に敷き、この網を踏まないようにゆっくり慎重に歩く運動です。
 マス目を利用したステップがたくさん用意されており、このステップを間違えないように「学習」しながら歩行のバランスを改善する「運動学習プログラム」です。集団で交差して歩くこともできるので、レクレーションとしても楽しむことができます


杖歩行の方や虚弱な方も楽しめます
 ふまねっと運動は、車いすや杖歩行の方でも参加ができます。一日に数十歩しか歩けない方々の、一歩一歩を貴重な運動資源として、大切にしたいと考えた末に開発されました。
 ふまねっと運動は、筋力向上を目指す従来型の運動プログラムではなく、からだの動きに注意を集中させて、全身のバランスや認知機能を向上させることを重視とした「運動学習」プログラムです。

失敗すればするほど交流が深まります
 ふまねっと運動をやると、「次はどっちの足だっけ?」と四苦八苦する学習過程を通過します。だれかが失敗すると、思わず会場が盛り上がり、拍手が起きたり、声援が寄せられ、にぎやかに、なごやかに教室を進めることが出来ます。
 ふまねっと運動では、黙々と体の機能を向上させるためだけに体を動かすのではなく、運動を通して地域とのつながりや絆を深め、毎日の生活を豊かにすることができるよう 『交流』 の要素を重視しています。

このような内容のプログラムで週交替で皆様には経験しながら機能回復を目指していただいています。

PageTop